とむ建築|雲南市・リフォーム・新築工事

雲南市、リフォーム、注文住宅、戸建て住宅、店舗リフォーム、増改築のご相談は

HOME > とむ建築とは > 永く住める家づくり

永く住める家づくり

「丁寧な仕事」と「最新技術」

長年培ってきた技術を活かした丁寧な仕事をしています!

  • 運んで
  • ラインをひいて
  • 削って
  • 大きさを決めて
  • カンナをかけて
  • 仕上げが終わる

世界初の最新技術を取り入れる!

  • 今までの木造住宅の問題はボルトの緩みでした!

    今までの木造住宅の問題はボルトの緩みでした!

    今までは、木造住宅を建てていく時に、梁(はり)と梁のつなぎ部分には補強する目的として“羽子板ボルト”というボルトが一般的に使われていました。
    しかし、羽子板ボルトは施工後に年数が経過すると劣化や、住宅完成後の木材乾燥による緩み、また使用する場所によっては、梁がガタ付き建物の強度を低下させていまうなどの原因の一つとして言われてきました。
    そこで、私たちは「TK工法」を取り入ることで、「末永く」「安心」して住める家づくりをお客様にご提供できることになりました。

  • 世界初!ずっと強い家

    そこで、とむ建築では、従来の羽子板ボルトではカバーが困難な梁(はり)のガタ付きを払しょくするために開発された「永久自動締め付けボルト(T・Kボルト)」を使用する新技術、T・K工法住宅を採用した木造住宅「ずっと強い家」をお客様にお薦めしております。

    T・K工法とは梁と梁をつなげる所にボルトの取付け後の後で締め直しのきくT・Kボルト、永久自動締め付けのT・Kオートボルトを使用しで建物の強度を補強する工法の事です。
    新築はもちろん、増改築、車庫、倉庫の補強にも手軽に取り入れることができる工法です。今までの木造住宅工法にプラスアルファの新技術で、いつまでも強く、安心して住める住宅の実現が可能になりました。

T.Kボルト
  • ちかごろ良く起こる、地震・台風の揺れに強い、安心住宅です!

    “ずっと強い家”はいつまでもに梁と梁がすき間無くガッチリと繋がっているため緩みが無く、台風時の横風や地震の揺れにも強くなります。「せっかく建てる住宅なのですから、台風・地震に強く、耐久性にも優れて安心して住める家にしたい」そんな思いから生まれた“ずっと強い家”に使用されているT・Kボルトは、建築金物の中でも強い耐久性を持っていますので、安心して住める家が実現できます。

  • 永久自動締め付けで、あと締めの必要がないので不要なメンテナンス費用がかかりません!

    住宅に使用される木材は、痩せる現象がおこり、家全体がガタガタになり補強しなければ強度が低下してきます。T・Kオートボルトを使用するT・K工法は、半永久的に自動で締め付けを行うため、今まであった家全体のガタつきを無くすことができ、あと締めの必要ないので補修のための不要な維持費もかからないのです。

  • ご住宅が完成した後のメンテナンスが容易になります!

    新築、増改築、補強を考えていらっしゃるお客様には「自分の立てた住宅の構造はどうなっているのか?」「ご自宅に使われている金属は大丈夫なのか?」「強度は大丈夫なのか?」「地震、台風が頻繁に起こる現在、建物の強度があるものをつかっているのか?」など心配になることがたくさんあると思います。その中でも特に気になることが住宅完成後のメンテナンスだと思います。「ずっと強い家」に使用するT・Kオートスクリューは住宅を建てたあとでも使用することができるので、完成後のメンテナンスも可能です。

    地震・台風に強く、あと締めに必要が無く、メンテナンスも可能な「ずっと強い家」をご提案します。

T.K工法住宅